スポンサーサイト このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 |

武田信玄の書状 このエントリーをはてなブックマークに追加

武田信玄の書状01

お宝
武田信玄の書状

武田信玄の書状04

武田信玄の書状02

武田信玄の書状03

気になる鑑定額は・・・

武田信玄の書状05

鑑定額100万円。

じつは武田信玄の書状ではなく、その息子勝頼の朱印状であった。

武田信玄の書状06

龍を現す朱印。そのため龍朱印状と呼ばれる。

武田信玄の書状07

武田信玄の書状08

武田信玄の書状10

天正五年六月ニ十一日に跡部大炊助が長史六右衛門に宛てた書状。
跡部大炊助は武田家の家老。

武田信玄の書状09

領内の工事のための使役を免除するといった内容が書いてある。
村の代表である六右衛門が労働の代わりに物納をするということを申し入れし書状を受け取ったのではないかという。
関連記事









ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。