スポンサーサイト このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 |

佐久間象山の書 このエントリーをはてなブックマークに追加

佐久間象山の書01

お宝
佐久間象山の書

佐久間象山の書02

佐久間象山の書04

佐久間象山の書05

前三行は象山が漢詩を詠むにあたっての状況の説明が書いてある。
後四行は七言絶句の詩が二編書かれている。

佐久間象山の書06

佐久間象山の書07

佐久間象山の書08

佐久間象山の書09

外国に密航を企てて幕府に捕まり松代で蟄居され、九年後の文久二年の大晦日に許される。
その翌年に詩の仲間が訪ねてきた、そのとき近所を歩き回った。
というようなことが書かれている。

気になる鑑定額は・・・

佐久間象山の書03

鑑定額150万円。
関連記事









ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。