スポンサーサイト このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 |

仰韶土器・アンダーソン土器 このエントリーをはてなブックマークに追加

仰韶土器・アンダーソン土器01


4500年くらい前、新石器時代に作られた仰韶土器。
中国河南省仰韶村(ぎょうしょうむら)でスウェーデンの地質学者アンダーソン博士によって発掘された。
そのため一般にアンダーソン土器ともいう。

仰韶土器・アンダーソン土器03

首の部分に人面がついていて同じ形の壷が10点あるならば1点あるかないかの希少性だという。
1960年代のオークションでは当時の価格で1000万の値がついたとのこと。
文化大革命で盗掘が行われ大量に市場に出回ったため価値が下がってしまった。

気になる鑑定額は・・・

仰韶土器・アンダーソン土器02

鑑定額40万円。
関連記事
[ 2011/03/02 ] 焼き物・陶器・磁器 |

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://otakarajoho.blog10.fc2.com/tb.php/21-df39d27f











ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。