スポンサーサイト このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 |

楽家十代 旦入作 黒楽茶碗 このエントリーをはてなブックマークに追加

楽家十代 旦入作 黒楽茶碗01

お宝
楽家十代 旦入作 黒楽茶碗

楽家十代 旦入作 黒楽茶碗02

楽家十代 旦入作 黒楽茶碗04

楽家十代 旦入作 黒楽茶碗05

拝領印
紀州徳川家の御庭焼の偕楽園という窯を手伝いに訪れた際に、徳川治宝公が隷書で楽という字を旦入に与えた。
以来大小の印にして生涯それを押し続けた。

気になる鑑定額は・・・

楽家十代 旦入作 黒楽茶碗03

鑑定額70万円。
旦入が自筆で書いた箱が付いているはずだが、ない。
もし箱があったならば200万円。
関連記事
[ 2011/08/19 ] 焼き物・陶器・磁器 |









ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。