スポンサーサイト このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 |

岡田米山人の掛軸 このエントリーをはてなブックマークに追加

岡田米山人の掛軸01


岡田米山人は江戸時代後期の大阪を代表する文人画家。
文人画とは描かれている景色の中に自分が入り込んでそこに遊ぶという趣旨のもの。

岡田米山人の掛軸05

使われている赤い絵が江戸時代後期の特徴だという。

岡田米山人の掛軸02

岡田米山人の掛軸06

岡田米山人の掛軸07

林の中の村にはいろいろなことがある。
山は光に溢れ、川の水は浅く深く
詩を作るにはいったいどこで作ればいいのか
向こうの方に四角い東屋がみえる
というようなことが書かれているという。

気になる鑑定額は・・・

岡田米山人の掛軸04

鑑定額70万円。
関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://otakarajoho.blog10.fc2.com/tb.php/26-529fe50c











ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。