スポンサーサイト このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 |

武市半平太の自画像と書状 このエントリーをはてなブックマークに追加

武市半平太の自画像と書状01

武市半平太の自画像と書状04

お宝
武市半平太の自画像と書状

武市半平太の自画像と書状10

武市半平太の自画像と書状03

武市半平太の自画像と書状02

書状は真筆と判明、しかし自画像は真筆とは断定できない。
半平太は獄中で3枚の自画像を書いたと妻に宛てている、現在残されている半平太の自画像とは違い落款も賛もない。

武市半平太の自画像と書状09

武市半平太の自画像と書状11

武市半平太の自画像と書状14

描かれている顔も理想化されている部分があるため、後世に残すときに他の絵師に写させたのではないかと鑑定士田中大は語る。

書状の内容は、
桃井春蔵が教えている剣術道場の士学館に28歳の時に入塾して稽古をしています。
と近況を述べ。
土佐を留守にしている間、家を世話してくれていることに感謝をしている。
と妻のいとこの夫島村善内に宛てている。

武市半平太の自画像と書状12

軸の裏には島村家旧蔵と書かれている。
半平太の妻、富子の実家が所有していたと思われる。

気になる鑑定額は・・・

武市半平太の自画像と書状13

鑑定額150万円。

武市半平太の自画像と書状05

武市半平太の自画像と書状06

武市半平太の自画像と書状07

武市半平太の自画像と書状08
関連記事









ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。