スポンサーサイト このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 |

東芝社製マイコンキット3点 このエントリーをはてなブックマークに追加

東芝社製マイコンキット3点01

お宝
東芝社製マイコンキット3点

東芝社製マイコンキット3点11

東芝社製マイコンキット3点10

TLCS-12A
1976年に発売された日本初の国産マイクロプロセッサ。
1971年にマスキー法の成立により厳しい排ガス規制に頭を悩ますフォード社から、東芝に「エンジンを完全に制御するコンピュータを作ってほしい」と依頼されたことに始まる。
条件は16ビット程度の処理能力で小型かつ安価であることであった。
しかし当時はインテル社がようやく4ビットのマイクロプロセッサを発表したばかりで、即ち世界一の処理能力を持つマイクロプロセッサを一から開発することを意味していた。
2年後の1973年ようやく国産初のマイクロプロセッサが誕生したが、コストの面からみて12ビットにせざるを得なかった。しかし同じ頃インテル社が発表した新型が8ビットどまりであることを考えると画期的な出来事であった。


EX-0(1976)
発売価格99,000円。
基盤にプロセッサやメモリチップを半田付けし、周辺機器と接続することで簡単なプログラムが書き込みできる。
極小のスイッチがあり、それでプログラムを入力した。
当時はシャーペンの先などで押したという。

東芝社製マイコンキット3点07

東芝社製マイコンキット3点17

東芝社製マイコンキット3点13

東芝社製マイコンキット3点20

東芝社製マイコンキット3点12

東芝社製マイコンキット3点15

EX-5(1977)
発売価格77.000円。

EX-80(1978)
発売価格85.000円。
テンキーが付属していて入力が楽になっている。

東芝社製マイコンキット3点19

東芝社製マイコンキット3点16

気になる鑑定額は・・・

東芝社製マイコンキット3点18

鑑定額100万円。

東芝社製マイコンキット3点02

東芝社製マイコンキット3点03

東芝社製マイコンキット3点04

東芝社製マイコンキット3点05

東芝社製マイコンキット3点06

東芝社製マイコンキット3点21
[ 2011/12/21 ] コンピュータ |









ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。