スポンサーサイト このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 |

斉白石の掛軸 このエントリーをはてなブックマークに追加

斉白石の掛軸


斉白石の掛軸02

斉白石(1863~1957)
近代中国を代表する文人画家。1863年湖南省湘潭県(こなんしょう・しょうたんけん)の貧しい農家の生まれ。
20歳の頃大工となったが体が弱く独学で絵を習得。27歳で文人画家胡沁園(こしんえん)の弟子となり、画家と生きる決意した。
しかし絵は全く売れず、人物画の依頼を受けては糊口を凌ぐ。
好んで描いたのは身近な生活の中に息づく草花や魚、虫であった。いずれも熱心に観察し細密に描写することでその本質に迫らんとした。
特に海老を描かせたら右に出るものはなく透き通った体の内部まで墨の濃淡で描ききった。
40代に入ると5回に渡り中国全土を歴遊。雄大な自然や古今の名作に大きな感銘を受ける。
これにより斉白石の絵に大胆さが加わった。
1922年日本で行われた絵画展に出品し欧州諸国や日本から高い評価を受ける。
90歳を超えても旺盛な創作意欲は衰えをしらず、1年で600あまりの作品を描いた。
享年95歳。

斉白石の花鳥画。
木蓮の花の下で戯れる2羽のひな鳥を簡潔な筆さばきで描いている。

斉白石の掛軸

斉白石の掛軸04

斉白石の掛軸05

斉白石の掛軸06

斉白石の掛軸08

斉白石の掛軸07

落款に95歳と書かれているが実は93歳である。
75歳という年が厄年であると占いを受けたため、以来75歳のときから実年齢より2歳年を取った落款を使う。

一見無造作な描き方にみえるが、濃淡やかすれや滲みなどさまざまな技巧を取り入れ、主張せず自然に描いているところが凄みであるという。

斉白石の掛軸10

螃蟹盆菊

斉白石の掛軸11

鯉魚

斉白石の掛軸12

芙蓉蜜蜂

斉白石の掛軸13



斉白石の掛軸14


蟈蟈黄花

斉白石の掛軸15

岱廟図

斉白石の掛軸16

江上山

斉白石の掛軸21

菊花雛鶏

斉白石の掛軸18

玉米草蟲

斉白石の掛軸20

農耕圖

気になる鑑定額は・・・

斉白石の掛軸22

鑑定額400万円。


書家101
書家101
関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://otakarajoho.blog10.fc2.com/tb.php/7-acbfb062











ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。